FC2ブログ
福岡の英会話スクールACE Englishのスタッフブログ
福岡市天神の英会話スクール「ACE English」スタッフが送る、笑えてときどきためになる(かもしれない)ブログ。
Masayaさんの勉強方法♪
今回は、先月レベル4AにアップしたMasayaさん
お話を伺いました。

Masayaさんは、毎日のようにレッスンやSpeaking classに参加され、
フリースペースでも、熱心に勉強しています。

英語にとりつかれてしまったのか?
やらなければならないタスクでも与えられたのかな?と思っていたK余は、早速、インタビュー  

まずは、そもそも英会話を始めたきっかけを尋ねてみました。

何か新しいことを始めたかったことと、
音楽が好きなので歌詞を理解できたらなぁ…
そして、話せたらカッコイイなと思ったことだそうです。

最近、かなり打ち込んでいる感じを受けますが、何かありました?

楽しいからやっています!
昨年はあまり勉強しなかったので、
2020年は頑張ると決めたということもありますかねぇ…」っと、
Masayaさん、あっさりさっぱりと答えて下さいました。

それでは、レッスンやSpeaking classの時に意識されてることはありますか?

レッスン中は、とにかく積極的に
シャイな性格なので、
レッスンの時には、努めて積極的に発言するようにしています。

わからない事は、講師にその場で質問したり、あとで調べたりして、
その後、間違いを恐れることなく、必ず使って試します。
使わないと覚えませんので」と、ここは力強くはっきりと
 
レッスン以外ではどんな学習を?

机に向かってガリガリ勉強するのは、あまり好きではないとのことです。

単語帳も使ってはいるそうですが、
スラングのようなくだけた表現にも興味があるので、
好きな海外ドラマから単語やフレーズを学ぶことも多いとのこと。

1度目はストーリーを理解し、
2度目は英語字幕を見ながら、
知らない単語やフレーズを見つけては、意味を調べることのくり返しを。
それプラス、セリフをシャドーイングすることも…

あと、自宅では独り言を言ってますっと。
「Kちゃん、なんで独り言を言うの?」とMartinから真剣に聞かれたこともあるK余の独り言とは違います。

Masayaさんの独り言は、アウトプットの一環です!
自然に出てくる「疲れたぁ~」「お腹すいたぁ~」をはじめ、その時思ったことを英語で。
もちろん、簡単に表現できないこともあります、
その場合には、その場ですぐに調べる。


この方法だと、自分がすぐに使える単語や表現が増えますね。
その日を振り返り、誰かに話しているかのように、
ブツブツ出してみるのも良いと思います。   独り言、ぜったいオススメです (注)職場では控めに。

「とにかく楽しいのでモチベーションを維持できています」と話してくれたMasayaさんですが、
英語に疲れた時には、ギターを弾いたり、大名の古着屋さんをのぞいたりして、
気分転換をされてるようです。 さすが、オシャレさん!

Masayaさんのお話を聞いていて、
英語をご自身に合うスタイルで、うまーく生活の中に取り込んでいるなぁっと感じました。

皆さんそれぞれ目的や目標は違いますが、
やっぱり、楽しむことが継続の鍵となりそうですね。

Masayaさん、ありがとうございました。
K余もヒントをもらえた気がします!

ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

Aiさんのエディンバラ旅行
今日はレベル6のAiさん「スコットランド、エディンバラの旅」をご紹介します。

昨年の暮れ、エディンバラへ向かったAiさん
東京を発ち、カタールのドーハ空港を経由してエディンバラ空港に到着です。
空港からは、2017年に完成したトラムに乗って、ホテルのある中心地へ。

メインストリートの「ロイヤルマイル」沿いにあるホテルは、とても便利な立地です。

着いたその日の夕方、早速、エディンバラ城へ向かうAiさん。
日が落ちるなか、ライトアップされたエディンバラ城を散策。

翌日目覚めると、この地域ではめずらしく快晴だったため、またいそいそとエディンバラ城へ行くAiさん。
と思ったら、正反対の方向に向かってしまい、着いた先はエディンバラ大学。 昨日行ってましたよね?

エディンバラ大学といえば、以前の生徒さんのYutaさんが通っている大学です。
Yutaさんいないかな~と辺りをきょろきょろ。

そうなんです、Aiさんの今回の旅行は行き当たりばったり、ノープラン。
現地に着いたら、できるだけ多くの人に英語で声をかけて、行き先を決めていこうという、ぶらり旅。

道を歩いてたら、市内観光ができそうな2階建てバスが停車していたので、
ドライバーさんに話しかけ、次のバスで観光することにしました、といった感じ。
石橋をたたきまくって旅をするF子には考えられないスタイルです。

ところでYutaさんですが、広大な敷地の大学では、もちろん見つからず。 そりゃそうだ。

Ai San-2 (2)
快晴のエディンバラ城

また、ノープランのAiさんは、観光案内所に行って、ツアーなど探してみることにしました。 
気になっていたネス湖ツアーはすでに予約でいっぱいだったため、
スコティッシュウイスキー蒸留所ツアーに参加することに。
バスで郊外を回ったあと、森や湖畔(Hermitage)とモニュメント(The Wallace Monument)に立ち寄り、
目的地の蒸留所へ。
精製の方法や、試飲などを楽しめたようですが、
お酒に強くないAiさん、燻製のような匂いがきつく、息を止めて何とか試飲。

Aiさんモニュメント2
Abbey Craigという丘に建つ、The Wallace Monument 

また、Aiさんは、大のハリーポッター好きであるため、「The Elephant House」にも立ち寄ります。
J・K・ローリングさんが小説を書いたことで知られるカフェです。

滞在中はクリスマスシーズン、
「クイーンズストリート」沿いで開催されていた、まるで遊園地のようなクリスマスマーケットを訪れたり、
ホテルでクリスマスビュッフェを味わったり、
26日のBoxing Dayは、ホテルの人に促され、買い物に出かけたりと、
新しい土地を探索し、人との出会いを楽しみました。

Ai San-7

自称人見知りのAiさんですが、今回は、自分から積極的に話しかけてみようと決意され、
いたるところで、現地の人や、他の旅行客との会話を英語で楽しむことができたようです。

最後にAiさんのコメントです。

「なんとなく、ふわっと『英語が母国語の国に行きたい』と思って選んだエディンバラでしたが、
ヨーロッパ特有の、坂と石畳と美しい建物だらけの本当に癒される街でした。
先生や生徒さんが言う、私が期待してた、いわゆる強いスコティッシュアクセントに出会えず、
それだけが残念で心残り。。
(むしろ今日のMartinのSpのお喋りの方がよっぽど早過ぎたくらいで笑)。
エディンバラの人たちはみんなフレンドリーで話しかけやすく、聞き慣れたブリティッシュジョークにも
ニヤリと笑うポイントが掴めたのは、ひとえにACEの先生たちのお陰です。
海外旅行といったらNYCのブロードウェイだった私ですけど、今後はNYCは3泊くらいの弾丸にして、
イギリスやスコットランドにもっともっと行って、美しいブリティッシュイングリッシュに近付けるように
なりたいと思います。
今は仕事で英語を使っていますけど、やっぱり、大好きな旅行で英語圏に行って、沢山の現地の方達と英語で
いろんな話をする、ということがACEに通い続ける最大のモチベーションだな、と再確認できました。
今年はReikoさん(Lv6)の真似をして、イギリスでショートホームステイをしたいと思います!」

Aiさん、くせのあるアクセントに出会えなかったのは残念ですが、
将来の旅プランが広がり良かったですね。 

Aiさんとお城


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Masakoさんのキリマンジャロ登山
先週の日曜日は、英検の試験日でしたね。

偶然にも、ACEの生徒さん同士同じ教室(しかも前の席)だったという方もいらっしゃり、
ES(Easy Speaking)でもそのお話で盛り上がっていました。

知った顔に出会うと、緊張も少し和みますね
笑いあり、反省ありの英検だったようですが、受験した皆さん、お疲れ様でした


さて、今日は、Masakoさん(レベル2)の旅のお話をご紹介します。

Masakoさんは、とってもアクティブ。
ボルダリングが趣味で、普段からジムに行かれたり、ロッククライミングに出かけたり…。
昨年はアメリカのヨセミテ国立公園でのロッククライミングにも挑戦されました。

そんなMasakoさん、今回の旅はなんと、6日間のキリマンジャロ登山
キリマンジャロの標高は、5,895m
T美には、登山のプロの方が命がけで登る山…というイメージがありますが、
Masakoさん、一体どんな体験をされたのでしょうか?


今回のキリマンジャロ登山は、Masakoさんたち日本人登山者(11名)に、
現地ガイドポーター(荷物を運ぶ人)キッチンスタッフテントスタッフなど45名が参加

そんなにたくさんの人と山に登るというお話にもびっくりしましたが、
確かに、荷物を運んだり、食事を作ったり、テントを張ったり…、
手伝ってもらわないと大変ですよね。

PhotoGrid_1580205350409.jpg
あいにくの雨のお天気で、風も強く、コンデションには恵まれなかったそう。
右下は、現地のスタッフの皆さん。
登頂後には、歌やダンスで祝福してくれたそうですよ。


見せて頂いた写真は、息を呑むような絶景の連続でした。

Masakoさん登山途中

Masakoさん登山途中3
Masakoさん、メンバーの中でも一番お元気そうに見えます。

左上は、Masakoさんたちが滞在したテント。
登山中とは思えない、バラエティ豊かなお食事にも、びっくりです!
PhotoGrid_1580203060332.jpg

一番印象に残ったことをお聞きすると、
やはり、高山病との闘いだったとのこと。

「最後、頂上へのアタックは、一気に高度を1,200メートル上げるんですけど、
緊張もあり、前日は2,3時間程度しか眠れませんでした。
歩くのは、そんなに辛くなかったんです。荷物も10kgないくらいでしたし…。
でも、呼吸が本当に辛かったです

Masakoさん登山途中4

高山病による頭痛やだるさと戦いながら、気を付けたのは、「腹式呼吸を忘れない」こと。
「呼吸は、吸うことよりも吐くことに気をつけます。
しっかり吐かないと、肺に空気が入っていかないんです」

頂上にたどり着いた時の感想もお聞きしましたが、

「あまりにそれまでの道のりが辛かったので、頂上に着いた時は、
『あぁ、終わった~』と、ほっとして、涙が出ました。
景色を楽しむ余裕は、ありませんでした」

楽しそうなお写真からは想像もつきませんでしたが、未知の標高、大変な苦労をされたのですね。

Masakoさん頂上2

びっくりしたのは、下りのお話

「帰りは、足元が砂利で滑るので、シャーーッと駆け降りるんです。
その方が足に負担もないんですよ

キリマンジャロを、シャーーッと…。想像がつきません。

今後は、北海道でのアイスクライミング(凍った滝を登るのだそう!)や、
再びヨセミテ国立公園のロッククライミングにも挑戦する予定とのこと。
なんと、パワフル

まるでテレビ番組のような現実離れしたお話を、笑顔でさらっと話すMasakoさん

私なんか、聞いているだけでドキドキしてしまいますが

次の旅も、気を付けて、楽しんで来られて下さいね
ぜひまたお話、聞かせて下さい

ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Moekaさんの一人旅♪
ポツポツと梅が咲き始めましたね、春が近づいてる感じがします。

今回は、レベル4B、Moekaさんの旅をご紹介します。

旅先は英語圏で暖かい国ということで、マレーシア、クアラルンプールへ。

一人旅ということもあり、
"どんどん人に話しかけて友達を作る!” と決めてのご出発。
そして宿泊は、交流のチャンスも増えるだろうとゲストハウスに。

余談ですが、K 余はゲストハウスでちょっと焦った思い出があります。
パリでのことですが、到着後、案内された部屋に行ってみると、
昼間にもかかわらず、カーテンは閉められ室内は真っ暗!
誰もいないのかと思ったら、
ビクッ! ベットの影にひとりの男性が…  ”Hello”って言っても返事もなし。
すっかりその部屋に住んでいるかのように、持ち物が広げられてました。

他のベットには荷物もなく、えっ?この人とふたり? しかもこの人、ずっと部屋にいるの?
落ち着いて外出もできないし、ゆっくり寝れない、さすがにちょっと無理かもって…
数秒悩みましたが、そのまま静かにフロントへ戻り、部屋を変えてもらいました。
今でも「ゲストハウス」と聞くとあの時の状況が蘇ります。

Moekaさんはどうだったでしょう?
写真を見せてもらいましたが、K余が泊まったところとは違い、今どきな感じの雰囲気です。 ホッ
Moekaさんのお部屋は、4人でシェアのGirl's room
日ごとにゲストは入れ替わりますが、ドイツ人フランス人とさまざまな国籍の方が。
もちろん英語でやりとりです。

到着当日から、同室のドイツの女の子と
夕食やヘナタトゥーのお店に出かけたり、友達づくりをスタート

その後も、ゲストハウスで出会った人たちと
植物園やモスク観光、古都マラッカへのショートトリップにも出かけたそうです。

beauty-1573722086994.jpg

IMG-6940.jpg
すでに数か月一緒にいる語学学校のお友達同士って感じです。

会ってすぐの人と、そんなに行動できるもの?
初対面の人と打ち解けるまで、だいぶ時間がかかるK余には不思議な感じ…
Moekaさんは、「Hi!って声かけて、その流れで行きましたよ」っと言ってましたが、
生まれ持ったコミュニケーション能力の違いでしょうか!

そこのゲストハウスでは、アクティビティーも開催されていて、
Moekaさんはマレーシアの伝統料理を楽しむというイベントに参加。

IMG-7169_202001221844237f6.jpg
バナナの皮をプレート代わりに使い、手でつまむようにして頂くという異文化体験を!

IMG-7641_2020012218203940e.jpg
イベントに参加したメンバーとも意気投合

そして、このゲストハウスには、
毎日Moekaさんに、「今日はどうだった?」っとその日の出来事を聞いてくれる
マレーシアのお姉さん的存在の方がいたそうです。

まるで、ホストマザーのようだし、
「今週どうだった?」って、講師から聞かれるレッスンみたいですよね。
1日の終わりに、ゆっくりと話しを聞いてくれるこの方の存在は、
会話力アップにつながったことと思います。

ゲストハウス以外でも、現地の人たちに積極的に声をかけ、
時には助けてもらい、たくさんの人と触れ合った今回の旅


ヨーロッパ人同士の英語には、そのスピードについていけず
悔しい思いもしたこともあったそうです。

でも、10日間ずっと、いろいろな国の人たちと英語で交流をはかれるって、すごいことですよ!
これはもう、一人旅というより、
Moekaさん流1週間英語留学プログラムですね。

お話の最後に、「マレーシア10日間、5万円で行けます!
人は優しいし、食事もおいしい、物価も安いっ」とオススメしてくれました。

旅が終わり、今度は4月のTOEICにむけコツコツ型の学習を。
クラスのレベルアップももう間近ですね!
Moekaさんのお話を聞きながら、違う世界を垣間見れた気がしました。
そのコミュニケーション能力、あやかりたいです

最後にお知らせをひとつ
ずいぶん前ですがACEで講師をしていたDuaneが、大名でレストランを始めました。
P_20200115_145629_vHDR_Auto_20200122181513f8f.jpg

定期的にイベントも開催されているようで、
次回は、ワインテイスティングイベントが予定されています。
●日時:2月4日(火)19:30~
●会費:4,000円(前払300円オフ)  NZピノノワール他
ご興味のある方は、こちらをぜひ⇒Cafe Gift

ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

Namiさんのフィリピン留学
お正月が明けて2週間経ち、ACEにもすっかり日常(?)が戻ってきました。

そんななか、昨年のクリスマスくじに外れ、がっかりする生徒さんと、
くじの番号に細工をして、当たりましたと言ってくる生徒さん(誰とはいいませんが、Kimikazuさん
くじに当たって喜ぶ数名の生徒さんたち

IMG_0029 - コピー
スタバカードが当たって、嬉しそうなNoriyukiさん

まだ、当選くじを確認していない方は、ぜひチェックしてくださいね。


さて、今日はレベル2のNamiさんをご紹介します。
お正月休みを利用して、昨年の12月29日から1週間のフィリピン留学に行ってきました。
向かった先は、セブ島にあるハウディスクール

Namiさんは、ここで1日7コマのプライベートレッスンのコースを選びました。コースは色々選べるようです。
7コマとも、講師が入れ替わり、その都度違う課題でレッスンが行われたそうです。

F子がお正月特番を見ながらゴロゴロしているときも、レッスンを受けていたんですね

朝と昼は、日本人シェフの作るご飯を食べ、夜は、仲良くなった他の生徒さんと、
ショッピングモールのレストランなどでお食事されたとのこと

line_97874867060064.jpg
真ん中がNamiさん

レストランでは、ローカルな味を楽しんだものの、アイスティーの甘さに驚いたようです。
他の食事も、甘めの味付けのものが多かったみたい。

セブ島では、新年をカウントダウンと花火で祝う風習があるようで、
町中あちこちから上がる花火にびっくり 

IMG_20200101_000213.jpg

また、滞在のあいだ、アイランドホッピング(島への旅行)でカオハゴン島へも行きました。

シュノーケリングを楽しんだり、
島人の暮らしの向上に奮闘する日本人の姿があったりと、
日常にはない世界を体感されたようです。

Nami1.jpg


レッスンは4日間だったものの、帰りの飛行機のアナウンスでは、英語が聞き取りやすくなっていることを発見
内容の濃い短期留学となりました。

はじめての留学は、とても楽しく刺激があったようで、
「今年は、英検も受けてみたいし、もう一度海外に行きたいと思ってます」
早速、次の目標を見つけられてました。
レベルアップも楽しみですね


IMG_20200104_161402_510.jpg




ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育



プロフィール

ACE English

Author:ACE English
福岡市天神地区の英会話
スクール・ACE English。
たくさんの生徒さんに
支えられて、おかげさまで
今年24歳になりました。

「HPだけじゃ伝えきれない
ACEのウラの顔をタレ込みたい!」
というスタッフの願望から、
スタートしたこのブログ。

日本一おもしろい(?)
スクールブログを目指しています。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード