福岡の英会話スクールACE Englishのスタッフブログ
福岡市天神の英会話スクール「ACE English」スタッフが送る、笑えてときどきためになる(かもしれない)ブログ。
Kayokoさん インドネシア絶景の旅
梅雨に入り、ジメジメしたお天気が続いていますね
お天気の悪い日は、英語の勉強にもってこい …ということで、
ぜひぜひ皆さんのお越しをお待ちしています


さて、今日は、Kayokoさん(レベル6)のインドネシアの旅をご紹介します。
お仕事も含め、約30ヶ国を旅した経験があるというKayokoさんが、
これまで見た景色の中で1位、2位を争うという景色を目にしたのだとか…!
世界遺産にもなっているこの地のご紹介は後にして…

まずは、Kayokoさんの旅の日程をご紹介。

kayokoさんインドネシアの旅_2

今回は、ジャカルタボゴールバンドンジョグジャカルタの4都市を8日間で巡る旅。

バンドンからジョグジャカルタまでは、なんと7時間半の列車の旅となったそうですが、
その車窓からは美しい棚田の景色を見ることができたそうです。

kayokoさんインドネシアの旅_棚田

「本当に、風光明媚な景色に心癒されました
運転手さんも、景色のきれいな所ではスピードダウンしてくれて、
ゆっくり楽しむことができました
とKayokoさん。

kayokoさんインドネシアの旅_駅
↑奥に写っているのは、女性の駅員さん。制服が鮮やかですね!

そしてたどり着いたジョグジャカルタに、Kayokoさん大絶賛の世界遺産はあります。

「ボロブドゥール遺跡」 

T美は初めてその名前を聞きましたが、皆さん、ご存知でしょうか?
「ボロブドゥール遺跡」は、世界最大級の仏教遺跡と言われ、
その大きさは、高さ約33メートル、一辺が約120メートルのほぼ正方形とされています。
ピラミッド状に建設された寺院の壁面には、仏教神話のレリーフや仏像などが彫られ、
なんとも荘厳な雰囲気…。

Kayokoさんは、遺跡の頂上から朝焼けの景色を見るため、朝4半時にホテルを出発
まだ薄暗い中、懐中電灯を手に、壁に施されたレリーフを鑑賞しながら回廊を進みました。

「インドネシアって、仏教、ヒンズー教、イスラム教など、様々な宗教を信仰している人がいて、
この遺跡を登っていると、コーランが聴こえてきたんです。
仏教の遺跡で聴くコーランがとっても神秘的で、忘れられない瞬間になりました

頂上からは美しい朝日と雲海が…。
美しさに言葉が出ないとはこういうことか、と実感しました」
とKayokoさんが語る、その景色がこちら!

kayokoさん インドネシア_1

頂上にいた人たちは皆、ただただその景色に見入っていたそう。
CNNの“死ぬまでに目にしたい27の絶景” 第1位に選ばれたこともあるというこの遺跡、
T美もぜひ一度行ってみたいです

kayokoさんインドネシアの旅_3
↑Kayokoさん。朝日が昇り、明るくなった遺跡にて。

ここで、旅のスペシャリスト、Kayokoさんより、旅のワンポイントアドバイス

T美はびっくりしたのですが、今回Kayokoさんは、車をチャーターして旅をしたそう(運転手さんつきで!)
金額はタクシーより少し高くなるそうですが、タクシーを拾うたびに、
メーターがちゃんとついているか料金をボッたくられないか
ドキドキしながら乗るよりはずっと楽だったそう。

荷物も車内に置いたまま観光できるし、なかなかタクシーが捕まらない…
なんてこともなく、短い日数で旅をする場合は、特に効率的でおススメとのこと。
車は、ホテルで手配してもらえそうですよ。
今後旅行をお考えの方、参考になさってみてはいかがでしょうか?

お話の最後に、Kayokoさんがしみじみと、
現地の人と色々話せたり、飛行機で隣になった人と何気ない会話を楽しめたりした時、
英語を勉強していて本当に良かった~!と思います。

あと、日本人向けだけでなく、外国人が参加するツアーにも参加できることも
と語ってくれました。

世界の色んな国にお知り合いがいるというKayokoさん。
現地に案内してくれる人がいると、より深く歴史を知ることができるのがいいところ
とも教えてくれました。

旅のお話をお聞きしている時も、その土地その土地の歴史についてもお話ししてくれ、
T美、大変勉強になりました

Kayokoさん、素敵なお話とお写真、ありがとうございました! 

ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Sakiさんの中国留学のお話
ついにゴールデンウイークも終わりましたね。
皆さん、どんなお休みを過ごされましたか?

T美は、のんびり過ごしました。
英語の勉強も、連休を当て込んで、あれをして、これもして…とよくばりな計画を立てていましたが、
そんなに進むはずもなく…。
予定の半分くらいのところで終了。
連休に夢を託しすぎてははいけませんね

皆さんの連休中のお話も、ぜひ聞かせてくださいね。

さて、今日は、先月入会されたばかりのSaki Aさん(レベル4B)のお話をご紹介します。
Sakiさんは、中国語の勉強のため、中国の大連に留学された経験をお持ちです

中国では、一体どんな経験をされたのでしょうか?

「留学したのは大分前のことなんですけど、私はその当時、大学で中国経済を学んでいまして、
中国語で情報を得たいと思ったことがきっかけでした」

大連の大学に所属し、しっかり中国語を学んだというSakiさん。
韓国人のルームメイトと普段から中国語で会話していたこともあり、メキメキ上達されました。

…が、留学当初はほとんど中国語を話すことができなかったそう。
当時のエピソードを教えてくれました。

「初めて中国に行った時、着いたのは夜の10時頃でした
『○○大学の寮までお願いします』というフレーズのみを覚えて、タクシーに乗り込みました。
中国語を話せると思われたのか、移動中運転手さんにいろいろ話かけられましたが、
何も分からず、『分かりません』の一点張りでした」

やがてタクシーは、目的地の大学に到着

「でも、広い大学敷地内のどこに寮があるの分かりませんでした。
困った運転手さんにいろいろ聞かれましたが、やはりまったく分からず、
『分かりません、分かりません』と答えるばかりでした」

ついに運転手さんは車を飛び出し、あちこち走り回り、いろんな人に尋ね、
寮の場所を聞き出してくれたそう。
その間、静かにタクシーの中に残ったままのSakiさん…

想像するとなんだかおかしいですが、無事に寮まで到着。 運転手さん、お疲れ様でした。

「でも、今思えば…
その時“これだけ支払えば大丈夫”と思って払ったお金も、少なかったような気がするんです。
本当に申し訳ないことをしました」   

初めての海外、失敗はつきものですよね
 T美も、初めてタイでバイクタクシーに乗ったとき、代金の相場が分からず、安い金額を渡してしまったようで、
 運転手さんにものすごく残念そうな顔をされたことが、数年たっても忘れられません…。 ごめんなさい


中国と日本の違いについてもお伺いしました。

「中国と日本、違うところだらけですよ~。
まずは、お店の人の熱心さ
初めは、お店に入ると時々、この店員さん、怒ってるのかな?と思うことがあったんですが、
それは、ただ熱心に商品の良さを熱弁しているだけ。怒っている訳ではないんです。

あと、学校などでも、仲良くなるまでテキトーにあしらわれがちです(笑)
もちろんそうでない人もいますが、仲良くなるといい人なのに、それまでの間かなりそっけないというか…
手でサッサッとあしらわれることもありましたよ

この情報は、いつかもしそういう状況に遭遇した時、心の支えになりそうですね。
 (この人は怒っているわけではない、私は、嫌われているわけではない… ブツブツ) ←本当に嫌われそうですね

英語の勉強も、時間がある時に続けてきたそう。

「時間があるときにスクールに通って、忙しくなったりして、無理だなと思ったらあきらめて、
時間ができたらまた勉強を始めて…。その繰り返しでここまできました」

現在は歯科医としてお仕事されているSakiさん。
忙しさの波があるなか、無理はせず、休んでもまた始めることが大切なのだなと思いました。
最後に、英語や中国語を学ぶ理由について伺いました。

必要な情報を得るためです。
日本語の情報には限界があります。
欲しい情報が英語や中国語しかないということは、よくあります。

英語ができれば範囲が一気に世界に広がって、よりたくさんの情報の中から必要な情報を
選べるようになるので、英語ができればいいなと思って、勉強を続けています

周りに英語ができる人がいることも、刺激になっているとのこと。
何か相談した際に、「英語で検索したらいいじゃん」と普通に言われたり、
「この論文読んでみたらいいよ」とさっと英語の論文を渡されたり…。

「英語…!と思うことなく、さっと理解できたら…と語ってくれました。

Sakiさん、貴重なお話、ありがとうございました
これからも、ご無理のないペースで勉強を続けて下さいね。



今月から、レベル2~5のレッスンに、講師がオリジナルの教材を使用する
レッスンを設けることとなりました。
オンライン予約画面のテキストページの欄に『TC(Teachers Choise)』
書いてあるクラスが該当します。ご興味のある方、ぜひご参加下さい




ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Satomiさんの NYクレジットカード問題
一気に初夏の陽気になりましたね。
晴れのお天気が続いて、今年は一段と桜を楽しめた気がします。

どこか旅行にでも行きたいなぁ…と思っていたところに、
レベル4AのSatomiさんより、『NYに行ってきました~!』との情報が

ACEにいると、生徒さんが色んな所に旅行に行かれるので、そのお話しを聞くだけで、
ちょっと行った気持ちになれるのでお得です

さて、Satomiさんの5泊7日NY旅

自由の女神 セントラルパークブルックリン橋、『Sex and the City』主人公・キャリーが
ドラマの中で住んでいたアパート
など、沢山の観光名所を回られ、
英語に困ることもなく満喫されたそうなのですが…。

「でも、大失敗したんです…

と、ビックリのお言葉

題して、『クレジットカード問題
日本でクレジットカードを使う時、皆さんはサインと暗証番号の入力、
どちらで決裁されますか?

Satomiさんは、いつもサインで済ましていたそうです。 T美もです。

ところがアメリカでは暗証番号の入力が主流。
とっくに暗証番号なんて忘れてしまっていたSatomiさん、
現金も準備してはいましたが、主にクレジットカードでの支払いを予定していたので、
そんなに多くはありません。  持ち歩くのも怖いですしね…

おかげで、お店に入る度に、
「サインでも大丈夫と店員さんに尋ねる羽目に。

店員さんも、めったにないケースなのか、「出来ると思うよ!」と答えておいて、
実際に機械に通してみたらできなかったり、なかなか上手くいかず、
「隣に詳しい人がいるの!」と、隣のお店の人に助けを求めに走ったり、
大変そうだったとのこと

なんだかんだで、サインで使えなかったお店は一軒だけだったそうなのですが、
毎回支払いの度に時間がかかり、Satomiさんも「最大の失敗でした」とため息…。

T美が昔、ヨーロッパを旅した時はサインで良かった気もするのですが…
Satomiさん、大変でしたね。
これから旅行される方、クレジットカードの暗証暗号、確認された方がいいかもしれません!

その他は順調そのもの。
クレジットカード問題で大変な中でも、英語に困ることはなかったし、
レストランで注文するときは、スタッフに「あなたのオススメは何?」と聞いて失敗なし

チップの金額や現地の情報は、事前に現地に住む日本人の方のインスタでGet
チップはTaxの2倍と覚えると簡単、というアドバイスがあり、
その通り払われ、スムーズにいったとのこと。  スゴイ!

上手くいったことはもちろんですが、旅の失敗は、後でいい思い出になったりしますね。
T美もわんさかあります!
Satomiさん、楽しい旅のお話と、貴重なアドバイスをありがとうございます


最後に、レベル2のEiichiさんより、素敵なお写真が届きました

KIMG0334.jpg

中洲で 『六三亭』 というふぐ料理屋さんを営んでいるEiichiさん(右下)
(真中は、日本語も上手なフランス人スタッフの方だそう)
新鮮な魚を様々なお料理で楽しめるようですよ
気になる方はぜひ  六三亭 ホームページ
Eiichiさん、またレッスンにてお待ちしてますよ~


   ただいま、申込み受付中
  合格したい人集まれ!英検2級対策講座

 詳細は、スクール内掲示ポスターまたはスタッフまでお尋ねください。


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

日本語教師のお仕事
皆さん、こんにちは。

March comes in like a lion, and goes out like a lamb.
(3 月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかな気候で終わる)
というイギリスの有名なことわざの通り、3月は荒れたお天気でのスタートとなりましたね

暖かくなってくれるのは嬉しいですが…
花粉症の方には辛い季節です
(ACEでも、K余さん、K子さんが相次いで発症。生徒さんもチラホラ…。お大事に)


さて、話は変わって、ACEにはいろ~んな職業の方がいらっしゃいます。
レッスンだけでなく、いろんな職種の方とお話できるのも楽しみの一つ…という生徒さんも多いよう。

今日は、日本語教師をされているNanaさん(レベル6)にお話を聞きました。

日本語教師というと、日本語を教えるお仕事…というイメージしかなかったT美ですが、
それだけではないよう。

「私が教えている学校は、2年間、週に5日、3~4時間みっちり授業を行う学校で、
言葉だけでなく、文化の違いや日本での常識、マナーについても教えています
例えば、人と話す時にガムを噛むのは失礼にあたりますよ、というようなこととか…。
彼らが日本で一番頼りにするのが学校なので、生活面についても色々と相談にのったり、
サポートしたりしています。
毎日色んなことがあって、ネタにはことかきません

Nanaさんは現在、20名の生徒さんのクラス担任
確かに、色々ありそうですね!

中学校の文集に、すでに『日本語を教える仕事か通訳の仕事がしたい』
と書いていたNanaさん。

その後、イタリアに1年間留学された際、通っていた学校の先生がとてもいい先生ばかりだったので、
改めて“日本語教師の仕事、いいな”と思ったそう。
帰国後、日本語教師になる資格を取るための学校に行き、約7年前から現在のお仕事をスタートされました。

「学校の授業はすべて日本語で行うので、英語を使うことは基本的にない」とのことですが、
欧米の生徒さんを多く受け持っているNanaさん、役に立つこともあると言います。
例えば…

「学校では基本的に日本語のみでの会話なのですが、時折、日本語の説明だけでは
十分理解してもらえないこともあります。そういう時に英語で説明できることです。
あと、時々生徒が英語でコソコソ話していることがあって、注意すると、
私が英語が分からないと思って、『勉強の話をしてるんです~
言い返されることがあるのですが、その内容が聞き取れることです」  カッコイイ!

「文化や常識が違うことは、大変なところでもあり、様々な発見があって楽しいところでもある」と語るNanaさん。
生徒さんの奇想天外な発想にビックリしつつも、愛情をもって楽しんでいらっしゃることが伝わってきました
Nanaさん、貴重なお話、ありがとうございました

今後も、「生徒さんのお仕事シリーズ、不定期に続けたいと思います


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Yoshinoさんが語る、マレーシアでの生活
寒さがなかなか緩みませんね
今日は、あったか~い国のお話です。

旦那さまのお仕事の都合でマレーシアに滞在されているYoshinoさん(レベル4B)、
一時帰国の間、ACEに戻ってこられました。 おかえりなさ~い

マレーシアでの生活は一体どんなものなのでしょう…?
実際に暮らしてみないと分からないアレやコレ、きっとあるはず
ということで、早速お話をお聞きしました

「私が今住んでいるのは、マレーシア第二の都市ペナンです」

yoshino12.jpg

「クアラルンプールより田舎で、色んな国の人が暮らしています
全体を10とすると、マレーシア人:4、インド人:3、中国人:3くらいの比率だと思います。
そのせいか、みんな2、3か国語くらいは当たり前に話します。
自分の国の言葉と英語、あと、色んな言葉が飛び交うので、
自然と他の国の言葉も覚えていくのかなと思います」

マレーシアでの生活で、困ったなぁと思ったことをお聞きしました。

「暖かい気候のせいもあるのか、マレーシアの人はとにかくマイペースです。
一度、電球が切れたので交換をお願いしたのですが、
まぁ、時間通りには来ないです
しかも、1度の訪問で終わるかな?と思いきや、一度目は電器を見に来ただけ
『明日持ってくると言って、帰っていきました。
そして、もちろん次の日も時間通りには来ない…。
約束した日は、その日一日他の予定を入れられないです
と苦笑い。

yoshino11.jpg
  Batu Feringghi(バトゥ・フェリンギ)というビーチ。
   スタバのテラス席から、ビーチを眺めながらコーヒーを飲むことができるそう。
   (「開放的で素敵なとこなのですが、なんせ暑いので常に日陰を探してしまいます(笑)」とYoshinoさん)


続いて、びっくりしたことをお聞きすると…

「マレーシアはイスラム教徒の方が多くて、朝、昼、晩と、
1日に3回、コーランがスピーカーから流れてくるんです
それが、朝は5:30から流れてくるんですよ

朝の5時半…
マレーシアの方は、早起きなのでしょうか?
日本だと考えられない時間ですね…。

yoshino10.jpg Yoshinoさん_涅槃像
    ↑Reclining Buddha Wat Chaiyamangalaram(寝釈迦仏寺院) 
    「全長33mと世界で3番目に大きな寝釈迦仏が横たわっています。
    タイと中国式が融合したユニークな造りの寺院です」


生活する上で大変だなぁと思うことは…

「マレーシアの女性は、ムスリムの衣装に身を包んでいる方も多いです。
暑い時期は大変だろうなぁ…と思います。
そのせいか、室内の冷房がかなり効いてて、私からするととっても寒いです

あと、日本のように1つのスーパーで欲しい食材がなんでも揃わないところが不便です。
例えば、イスラム教徒の方は豚肉を食べないので、豚肉を食べたい時は
別のお店に行かなくてはいけませんし、野菜やほかのものも、
あそこにはあるけど、ここにはない、ということが多々あります

お買いものだけで、結構時間を取られてしまいそうですね。

「マレーシアには、ダイソーAEONもあるんですよ
でも、店員の方があまり商品を補充してくれなくて、売切れたらもう入荷しないことが多いです。
“ダイソーにいい商品があるよ”と聞いて行ってみても売り切れで、
もう入荷しないのかお店の方に聞いても、首をひねられるばかり。
結局、それっきり入ってきません…

人気の商品が入ってこないなんて、モッタイナイ…。
これも、日本では考えられませんね。

最後に、いいところをお聞きしました

「親日の方が多く、皆さん親切にして下さいます
あと、いろんな国の人が暮らしているので、片言の英語でも理解してもらいやすいです。
先ほど、向こうの人は“マイペース”とだといいましたが、おおらかでテキトーなところが
いいところでもある
なぁと思います」

現地では週に2回語学学校に通っているというYoshinoさん。
学校で、同じようにマレーシアで暮らす日本人の奥さまたちとお友達になったり、
食の都ともいわれるペナンのお料理をレストランや屋台で楽しんだり、
満喫されている様子

Yoshinoさん食

来月にはまたマレーシアへ発たれ、あと1年半~2年ほど滞在する予定とのこと。

Yoshinoさん、マレーシアのいろんなお話を聞かせて下さり、ありがとうございます。
色んな文化の違いはあるけれど、それを受け入れ、楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきました。
旦那様と共通の趣味というお写真も、とても綺麗でした

再出発までの間、ビシバシACEで英語力を鍛えて行って下さいね

ACE English
こちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育



プロフィール

ACE English

Author:ACE English
福岡市天神地区の英会話
スクール・ACE English。
たくさんの生徒さんに
支えられて、おかげさまで
今年21歳になりました。

「HPだけじゃ伝えきれない
ACEのウラの顔をタレ込みたい!」
というスタッフの願望から、
スタートしたこのブログ。

日本一おもしろい(?)
スクールブログを目指しています。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード