FC2ブログ
福岡の英会話スクールACE Englishのスタッフブログ
福岡市天神の英会話スクール「ACE English」スタッフが送る、笑えてときどきためになる(かもしれない)ブログ。
Hatsumiさんのマルタ留学
Hatsumiさん(レベル5)が、マルタ留学から帰国されました

出発前は、不安そうな表情でしたが・・
「本当に行ってよかったです。とても楽しかったです!」と、
元気いっぱいでACEに戻ってこられました。

留学先として人気が高まっているマルタですが、Hatsumiさんも、その絶景が目に留まり、
ここに暮らしてみたいと決断。アクセスの良さと、リーズナブルな費用も魅力的ですね。

IMG_1592.jpg

さて、6週間の留学生活をどのように過ごされたのでしょうか

 「久々の学生生活で、学校が終わってクラスメイトとランチをしたり、
友人の家に外国の友達を呼んで寿司パーティーをしたり、古い街並みを散策したりして過ごしました。
海は素晴らしく美しかったです!」 
とのこと。

クラスメートの方は、週末、他のヨーロッパの国々に旅行へ行くことが多かったようです。
Hatsumiさんは機会を逃し、どこにも行けずにちょっぴり後悔。

スクールは小規模で、ヨーロッパをはじめ日本、韓国、それにコロンビアと、
様々な地域
から生徒さんが集まってきました。

レッスンを受ける前に、まずはクラス分けテスト(文法テスト)があります。
ACEでレベル5のHatsumiさんは、文法をよく理解されているため上級クラスへ

でも、そこではスピーキングについていくのが大変だったため、
悩んだ結果一つレベルを下げてもらったそうです。

他の国から来られた生徒さんは、文法を気にせず、間違いも気にせず、
とにかく話される方が多いですよね。
文法的には物足りなかったものの、
 「クラスも思い切って下げてみてリラックスして話せたのでその点では良かったです!」とのことです。

IMG_1742.jpg
クラスメートや先生とランチへ

マルタは1週間もあれば、ほぼ観光しつくせるほどの小さな島です。
島内の移動はバスのみ、それもいつ来るのか分からないのだそう。

「時刻表などあってないようなものでした。やっとバスが来たと思ったら満員で、
バスが素通りすることも。最初はすごく驚きましたが、人ってすぐ慣れるものですね」


気がつけば、マルタでのゆっくり流れる時間に馴染まれたようです。
娘さんと息子さんが遊びに来られた頃には、地理感もつかみ、島中を案内されたとか。
Ryokoさん(レベル5)とも再会できました!

出発前はあんなに不安気でしたのに、すばらしい適応力ですね。

さらには、遊びに来られた旦那さんとイタリアを2週間旅してまわったそうです。
すてきですね!と言ってみましたが、心の中では、ご家族集まり過ぎではと思ってました。

美味しいお菓子のお土産は、Ianとの取り合いになったものの・・・
ACEで7年以上、英語を学ばれているHatsumiさんが、
海外に暮らし、英語をとおして多くの人と出会えたことが何よりのお土産でした。

 IMG_2193.jpg


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Ryokoさんのベビーシッター留学
今日は、2ヵ月間のイギリス語学留学から帰国したばかりの、
Ryoko K(レベル5)さんをご紹介します。

今回の留学にあたり、滞在先から便利な立地の「エドワーズランゲージスクール」を選んだところ、
とてもいいスクールだったようです。

先生は、熱心でレッスンも分かりやすく、
ヨーロッパを中心にブラジルやチリからやって来た生徒さんは、
英語をしっかり学びにきている人ばかり。


レッスン中は、辞書を見るためにスマホを使うことも禁じられており、必要な際は、
教室にある紙の辞書を使ったとのこと。
おかげで、例文も豊富な、紙の辞書の良さを知りました。

PHOTO-2019-05-17-12-18-16.jpg


ところで、今回のイギリス留学は、現在イギリスに住んでいる姪っ子さんご夫婦の間に生まれた
双子の赤ちゃんのベビーシッターをしようと決めたからです。

そのため、午前中はスクールに通い、午後からはずっと育児。

双子ちゃんのほかに、6歳の男の子もいるご家庭は、まさに育児に追われる生活で、
最初の2,3日は、倒れ込むぐらいへとへとになりました。姪っ子さん、本当に頑張られているんですね。 
それが慣れてくるにつれ、早くスクールから帰って、3人の顔を見たくなる生活に変わったようです。

Ryokoさんと子供たち

さらに、観光スポットへも足を伸ばしました。
マルタに短期留学されているレベル5のHatsumiさんから、たまたま連絡があった際は、
急遽マルタへ 飛行機で3時間で着くんですね。
世界遺産である首都バレッタや、古都イムディーナに連れっていってもらいマルタを満喫。
Hatsumiさん、お元気そうでなによりです

また、途中で合流された旦那さんとは、スコッチウイスキーで有名なエディンバラに出掛けたり、
ウィンブルドンでセンターコートを見学するツアーに参加したりと、旅を楽しみました。
サクラダ・ファミリアを観るために訪れたスペインでは、ホテルを出るとき、スリに遭いそうだったことも

IMG-3044.jpg

「実際に生活してみて、現地の文化や考え方が、言葉ひとつひとつに表れていることを肌で感じました」
と、Ryokoさん。
スクールにも通い、リスニングの上達を感じることもできたようです。
自国の政治や経済を活発に話す現地の方や、
間違いを恐れず積極的に話す、他国の生徒さんからもたくさん学びました。

3児の父である甥っ子さんからは
とにかく自信を持って話すようにと力強いアドバイスをもらいました。

3人の子供たちとのお別れに、涙なみだで帰国してこられたRyokoさん。
旦那さんに感謝しつつも、次の旅が楽しみですね

ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Kyokoさんのパン旅行
今日は、Kyokoさん(Lv4B)のフランス旅行をご紹介したいと思います。

Kyokoさんと言えば、パン屋さん Comme d'habitude /コムダビチュ
スタッフはじめMartinや他の講師も、月に一度やってくるKyokoさんのパンを楽しみにしてます。
F子のおすすめはグラハム食パン これを食べるだけで幸せな気持ちになるよ

さて、そんなKyokoさんが向かった先は、パリと、食の都リヨン。

リヨンでは手頃なお値段で、ハムやチーズといった美味しいものを味わえます。
下の写真は、リヨン名物のプラリネを混ぜ込んだ、ブリオッシュ。食べだすと止まらない美味しさ。

DSC_0767.jpg


一方、パリで美味しいものを食べようと思うと、ややお値段高めのようです。
でも、なぜかパンはリーズナブル。
6泊の旅で、パン屋さんを6店舗も巡るという、食生活めちゃくちゃな旅を満喫されたKyokoさん。
DSC_0687.jpg
「ちょ~う、美味しかった」、クロワッサン生地のパン。日本では味わったことのない美味しさ。

この旅の経験を、今後のパン作りに活かせそうですかと聞いたところ・・・

「それが、チーズやハムもほんとうに美味しくて、こんな美味しい食べものに合わせたパンを作ってみたい、
そのため、今後はチーズの勉強もしてみたいと思いました。フランス暮らしを体験して、
ものの見方が変わったことに、自分でも驚いてます」とのこと。

Kyokoさん、チーズやハムもたくさん食べてたんですね
チーズの勉強をはじめても、グラハム食パンは焼き続けて下さい。

ひととおり、パンと食べ物の話が終わり、観光の話も聞かせてもらいました。

印象派の絵画がお好きなKyokoさんは、オルセー美術館を訪れています。
ここでは、モネやルノワールといった有名な画家の作品が間近でみられるうえに、写真撮影もOK


DSC_0785.jpg

また、パリ、リヨン間では、超高速列車TGV(最高速度320km)に乗車。
気になる乗り心地は、いまいち。

今回は、ほぼ10年ぶりの海外一人旅でした。
10年前、パリの街を歩いたときほどの緊張もなく、旅を満喫できたとのこと。
乗り合わせたバスの中では、地元の方から、おすすめの旅のルートを英語で教えてもらったりと
落ち着いて会話を楽しまれたようです。
もっと感謝の気持ちを上手に伝えられたら良かったな~と言われながらも、素敵な旅でした。

DSC_0733.jpg
リヨンのだまし絵アート T美ちゃんも速攻でひっかかる。


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Mari Aさん、NNになる
今日は、新たにNN(Near Native)に選ばれた、レベル6のMari Aさんをご紹介します。

Mariさんが入会されたのは5年前、レベル5からのスタートでした。
海外留学の経験がないMariさん。
独学と英会話スクールのみで、
ここまで上達された秘訣は何でしょう

さっそく、学習法から教えてもらいました。

レッスンの復習
・ レッスンででてきた知らない単語を調べて、ノートに書きだす。
その際、英英や類語辞書を活用します。
・ レベル6Fluencyクラスで、上手にスピーキングできなかった文章を声に出す。
・ サロンやレッスンで、上手に話せなかったことをライティングする。

ポッドキャストでリスニング
・ BBCの番組から、興味がある食事や健康についてのトピックを聞く。
「英語学習者向けのものではないため、聞き慣れない表現もでてくるものの、
レッスンで習ったイディオムなど聞き取れると嬉しくなります。
また、ここでのトピックをサロンで話すこともあります」とのこと。

オンラインの記事をリーディング
・ BBCやThe Guardianのサイトから、ここでも興味のある記事を読む。
・ 他にも、NHKラジオ、文法問題集、アプリ、など多様な教材に取り組まれています。

やれやれ、こんなに頑張らないとだめなのと思われませんか。

しかし、ご本人はいたって呑気なもんで、気が向いたときにされているとのこと。

Mariさんの学習密度が濃いわけは、Mariさんとお話ししていれば分かります。

それは、学ぶことを心から楽しんでいる、からです。
ご本人の言葉を借りると、「とにかくACEに来て、英語を話すのが好きです。
講師やほかの生徒さんの話は面白く、モチベーションを貰えます」
とのこと。

学習方法は人によって様々ですが、この「楽しむ」は、
上級者さんに共通のもののように感じます。

最後に、Mariさんから、学習者さんへのアドバイスをご紹介します。

「自分の好きなことと英語を結びつけるといいと思います。

あと、自分の話したいことを英語で考えておいて、それを人前で話す。
実際、声に出して話すことから得るものは、とても大きいですよ。

また、レベル5から6に上がるためにはサロンが必要だと思います。
私も、最初は分からないことが多くて大変したが、乗り越えないといけない壁だと感じました」


日本にいながら英語を学び、NNになったMariさんの言葉だからこそ、説得力が違いますね


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Mikiさん、ドバイとアメリカにて
生徒さんとお話ししていると、海外をぐっと身近に感じます。

先週ベトナム旅行から帰国した人いれば、来週はマレーシアに行く人あり、
今月末はNY、来月以降も旅行・出張・留学と、みなさんあちらこちらへ

皆さん、英語を使う機会があっていいですね

ところで、英語を使う機会が、ある日突然やってきてしまった方もいます

現在、レベル4BのMikiさんが、最初にACEにやってきたのは数年前。

当時は、旦那さんのお仕事の都合でドバイへのお引越が決まったため、ACEへ緊急のご入会

英語は苦手だったMikiさん、簡単な単語をみても、なんとなくしか意味が分からずレベル2からスタート。
でも、2ヵ月もしないうちに、ドバイへと旅立っていかれました。

image1_20190308165424155.jpeg
人生はじめての海外で、ドバイへ! 

帰国後のMikiさんに聞いたところ、
ヨーロッパ圏をはじめ、世界中から人々が集まるドバイは、どこでも英語が通じます。
どこにいってもアラビア語と英語が併記してあるそうです。

また、年中暑いか暖かいかで、真夏はなんと気温50度の日も 
そのため、真夏日の移動は、すぐにタクシーに乗り込むようにしてたそうです。

さらに、雨は年に2,3回しか降らないのに、湿度が高く、じめじめしているとか。

image31.jpeg
 
ちょっと住みにくそうな気がしますが、Mikiさんの暮らしていた場所は、日本人も多く、
快適に楽しく暮らされたようす。

ドバイから帰国後しばらくして、今度は、アメリカのニュージャージーにも2年滞在されます。

近くを流れるハドソン川を渡るとすぐNYだったため、
NYの英会話スクールに通っていたそうです。

英会話のスクールがとにかく多いこの地域では、先生の卵さんが、リーズナブルにレッスンを
提供してくれるとのこと。
レッスンの後に、あちこち観光できるのもいいですね

さらに、アメリカといえば、ハンバーガー
旦那さんともよく一緒に食べたそうですが、
旦那さん、ナイフとフォークで上手に食べれるようになったぞ、と思ってたら、
ある日、「地元の人は、誰もそんな食べ方をしないよ!」と言われ、2人でびっくり。
かぶりつくんですね

そんな楽しい暮らしのなか、英語も上達していきました。
「暮らしに慣れるにつれて、やっぱり度胸がついてきました!
それに、日本語の直訳で、英語を話そうとしてもうまくいかない。
シンプルな単語を使って、自分の言いたいことを伝えることが大切だと感じました」、
とMikiさん。

ところで、Mikiさんは、フルートを15年間習っていて、ドバイとアメリカでも吹奏楽に所属していました。
英会話スクールでは、多国籍の人と知り合え、音楽を通しては、ネイティブの人とも知り合える。
音楽をされている方は、そういう特典もあるんですね。

image34.jpeg
Mikiさんは、真ん中右あたり


アメリカから帰国して、ちょうど2年前にACEに戻ってきてくれたMikiさん。
ただいま、レベル5を検討中です。
また機会があれば海外で暮らしたいとのこと。
もう突然の海外でも困りませんね。

image12.jpeg


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育



プロフィール

ACE English

Author:ACE English
福岡市天神地区の英会話
スクール・ACE English。
たくさんの生徒さんに
支えられて、おかげさまで
今年21歳になりました。

「HPだけじゃ伝えきれない
ACEのウラの顔をタレ込みたい!」
というスタッフの願望から、
スタートしたこのブログ。

日本一おもしろい(?)
スクールブログを目指しています。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード